未分類

遺産分割協議書【相続・書式・無料・手続き・必要書類・分配・図・日付】

 

遺産分割協議書【相続・書式・無料・手続き・必要書類・分配・図・日付】

遺産分割協議書とは、遺産に関与した人でなければよくわからないかもしれませんね。

 

遺産分割協議書は、全相続人が出席した遺産分割協議で、合意した内容を書き留めておく書類です。

 

一口に遺産といっても、遺産の対象はお金だけではありません。

 

  • 不動産
  • 預金

 

なども「遺産」に含まれるのです。

 

遺産分割協議は、全員の合意がなければ変更できません。

 

遺産分割協議書が出来上がった後になり、『やはりその分割では不満がある!』と主張しても、全員の合意が得られなければ変更手続きはできません。

 

尚、遺産分割協議書は自分たちで作ることもできますが、忠実に作成する自信がない、手間を省きたい場合は弁護士さんに依頼するのが一般的です。

 

遺産分割協議書を作る目的は、遺産協議の内容を記録しておくだけではありません。

きちんと法的に、遺産分割協議がまとまったことを示す、重要な証拠書類になるのです。

 

有利な遺産分割協議書であれば、あとになって誰かが不服を申し立てても、遺産分割協議書を証拠として主張を通せます。

 

『遺産分割協議をして決まったことなんです!』

 

と、口で主張しても証拠がなければ信用されませんが、遺産分割協議書が残っていれば立派な証拠です。

 

訴えたほうは何も言えなくなってしまうのです。

 

遺産分割協議書の書式に規定はあるの?

 

遺産分割協議書は法律が絡んでいるため、何か厳格なルールがありそうです。

 

しかし、実は遺産分割協議書の書式に明確な形式やルールはなかったのです!

 

縦でも横でもいいですし、手書きでもワード入力でもいいのです。

意外にアバウトなんだなーと、個人的に思いました。

 

特に決まりはないものの、サインや相続人の住所の部分は、本人が手書きしたほうが信頼性があります。

 

遺産分割協議書の必要書類

 

遺産分割協議書を作成する前に、実は準備が必要です。

 

遺産分割協議書を提出するにあたっては、遺産分割協議書だけあればいい!というわけにいかないのです。

 

遺産分割協議書を作る前に必要書類があります。

 

遺産分割協議書と一緒に提出すべき書類があります。

 

【どんなケースでも必須の書類】

 

  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 財産目録
  • 各相続人と被相続人との関係がわかる戸籍抄本/戸籍謄本
  • 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

 

上記以外にも、状況によっては必要になる書類があります。

 

遺産分割協議書作成の流れ

 

簡単に説明すると、遺産分割協議書作成は、下記のような流れで進んでいきます。

 

  • 遺言書の確認
  • 相続人の調査
  • 相続財産の調査
  • 相続放棄の検討
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割協議書が完成

 

遺産分割協議書を作る上では相続人同士が集まり、協議しなければなりませんね。

 

穏やかに終わればいいものの、協議によっては兄弟、家族同士で対立するケースもあります。

 

お金が絡むと人間の心理は複雑になるからでしょう。

 

遺産分割協議は、遺言通りに分配するならば不要です。

しかし、もし故人が遺言を残さなかった場合や、遺言に記載されていない遺産があった場合は協議が必要なんです。

 

遺言書はあっても、遺産の分配割合が書かれていないケースもあります。

 

また、相続人のうち誰か一人でも遺言の内容に反対意見があり、遺言の分配とは違うようにしたい場合も、遺産分割協議が必要です。

 

遺産分割協議書は説明図が必要?

 

相関関係の図があれば、故人と各相続人との関係性がわかりやすくなります。

 

相関関係の説明図を、法務局に提出する例はあります。

 

遺産分割協議書の日付が間違っていたら無効になる?

 

各相続人の遺産分割協議書の日付が異なる場合、遺産分割協議書自体が無効になりそうですね。

 

しかし、無効にはなりません。

 

遺産分割協議書に書かれた日付が異なるからといって、その書類が無効になることはないのです。

 

この場合、最も遅い日付の遺産分割協議書が、成立日の基準となります。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.