未分類

御中 使い方【封筒・と様は同時に使わない・課・意味・社内・併用・メール】

御中 使い方【封筒・と様は同時に使わない・課・意味・社内・併用・メール】

「御中」は、ビジネスシーンでよく出てくる言葉です。

 

封筒に宛名を書く時や、文書をお客さんや取引先に郵送する時にも、冒頭に「御社」と書くことがあります。

 

私も「御社」を封筒に書いて送ることがありますが、いまだに使い方がよくわからない時があります。

 

ここでは、御社の意味や使い方を一緒に見ていきましょう!

 

御中の意味

 

「御中」は、特定の個人ではなく「部署」に対して送る時に使います。

 

例えば法人企業や行政官庁、営利団体、非営利団体など、何らかの「組織」を敬う表現です。

 

特定の個人の名前を明記した後に、「御中」を使うことはありません。

それは誤った表現になってしまうのです。

 

個人名を書いた時は、「様」が正しいです。

 

御中を使うのは、

 

  • 学校
  • 官庁
  • 部署
  • 会社

 

などに対してです。

 

正しい使い方は下記となります。

 

  • 株式会社~ マーケティング部 御中
  • 財団法人~ 御中

 

 

御中と様は同時に使わない

 

しつこいようですが、御中を使う上で絶対してはいけないのが、「御中と様は同時に使わない」ことです。

 

これをすると、ビジネスマナーを全然知らない残念な人になってしまいます…。

 

個人名と企業名の場合とで、どちらか一方を使うと覚えておけばいいでしょう。

 

ただし、少し紛らわしいのですが、宛名に企業名を書いたからといって、必ずしも御中を使うばかりではありません。

 

例外があるからです。

 

例えば…

 

・株式会社~広報課 ご担当者様

 

 

とする時は、御中を使いません。

 

・ご担当者様 御中

 

にしては間違いです。

 

もちろん、

 

・株式会社~御中 広報課 ご担当者様

 

とするのもアウトですね。

 

御中と様の使い分けは、最初は難しく感じるかもしれません。

 

ですが、基本的な事ですし、覚えることは少ないのでマスターしてくださいね!

 

特に、取引先企業に郵送するシーンが多ければ、御中を使うシーンは増えるでしょう。

 

もちろん「ご担当者様」や、個人名がわかっている時は「様」でいいのです。

 

メールの文章で「御中」を使うことはある?

 

私も疑問だったのですが、メールの文章でも「御中」を使っていいのでしょうか?

 

御中は封筒に書く機会は多いけれど、個人的にメールで書いたことはありません。

 

結果らいってしまうと、メールに使っても問題ありません。

 

例えば相手先が名前のわかる個人や担当者ではない場合、冒頭に御中を使ってOKです。

 

  • 事務局
  • 株式会社
  • 法人
  • センター

 

などには御中を使います。

 

もし個人名がわからず、特定の部署や課、チームの名前を宛先にする時も、メールで「御中」が使えます。

 

御中は、相手の個人名が分からない時や、会社当ての内容だった場合、便利に使える表現です。

 

ただし、メールで御中を使う時にしてしまがちな、初歩的なミスもあります。

 

下記のような間違いはしないように気をつけましょう。

 

  • メールの件名に御中を使ってしまう
  • 御中と様を併用する
  • 社内メールに「御中」を使用する

 

上記はすべてNGな使い方です。

 

「御中と様は同時に使わない」ことは、先で説明した通りです。

 

メールは件名を入れるところがありますが、件名には「御中」という表現を入れないようにしましょう。

 

メールの宛先が「係」だった場合はどうする?

 

御中を使おうか迷うシーンに、宛先が「係」だった場合があります。

 

係もいってみれば組織なので、御中を使いたくなりますね。

 

しかしここは「様」でOKです!

 

私は昔、係宛なのに「様」を使って封筒やハガキを出してしまったことがあります…。

今考えるととても恥ずかしいです!

 

皆さんも係宛に「御中」は使わないよう気を付けてくださいね。

 

ちなみに、もし~係の担当者名がわかっていれば、個人名を書いた後に「様」をつけます。

 

もし分からない場合は、

 

・~係 ご担当者様

 

としてもOKです。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.