未分類

レインズ ログイン【土地探し・中部・不動産・東日本・全国・会員・画面・関東】

レインズ ログイン【土地探し・中部・不動産・東日本・全国・会員・画面・関東】

不動産会社では、土地探しや賃貸物件をお探し中のお客さんに、レインズを使うことがあります。

 

レインズは、本来は宅建業者しか見られない重要なデータベースです。

不動産に関する大切なデータを管理しています。

レインズとは

レインズとは、不動産物件情報交換のための、コンピューターネットワークシステムです。

 

不動産流通機構の近代化対策として、国土交通省が企画し、不動産情報の標準化や、共有化を目的に1990年に作られました。

 

正式にはReal Estate Information Network Systemといい、レインズは略称です。

 

全国の不動産業者が加入しています。レインズでは標準化された不動産情報が登録され、ネットワークを通じて不動産業者に公開されます。

 

不動産会社が売りたい人、貸したい人からの依頼に基づいて、不動産情報をレインズに登録することにより、不動産業界全体のネットワークを使い、買いたい人や借りたい人を探しています。

 

国土交通大臣から指定を受け、地域ごとの全国4つのレインズがあります。

 

  • 西日本
  • 東日本
  • 中部圏
  • 近畿圏

 

です。

 

レインズの役割は、不動産の業界全体規模で情報を集約し、不動産取引をスムーズにするために設立、拡大してきました。

 

現在は不動産取引に不可欠な存在です。

 

宅地建物取引業法により、レインズへの情報登録や、登録証明書の発行が義務付けられています。

 

物件情報はレインズに登録されることで、不動産業者に広く閲覧されます。

 

物件情報が多くの人の目に触れることで、より早く買主を見つけ、円滑に取引ができます。

 

物件が成立した場合、業者は登録番号や取引価格の項目をレインズに登録します。

 

契約になったら速やかにレインズに登録するのです。

 

不動産の価格の決め方は複数あります。

 

しかし売買や賃貸で最も多く使われるのが、取引事例比較法です。

 

対象物件に似た条件の物件の価格をベースとして、不動産の価格を決めます。

 

不動産情報は類似しているといっても、まったく同じではありません。

 

このため、複数の取引事例と比較し、対象の物件の特徴について補正し、適正価格を算出します。

 

レインズに蓄積された豊富な取引事例を閲覧することで、より適正な価格がわかるのです。

 

レインズに登録した物件情報は、不動産業者だけが閲覧できます。

 

その代わり、一般の人でも相場がわかるように、レインズマーケットインフォメーションで、一部の取引の情報を公開します。

 

不動産はそれぞれ異なる条件で、何一つとしてダブるものがありません。

 

適正価格を知るためにも、取引事例データを記録し、安全で公平な取引をするよう促進しているのです。

 

中部レインズはこちら

 

http://www.chubu-reins.or.jp/

 

東日本不動産流通機構のサブとして、住宅不動産情報のオンラインサービスをしているのが、全国住宅産業協会です。

 

会員になれば無料でレインズが使用できます。

 

お客さん向けの物件情報サイトである「全住協NET」も同時に登録できます。

 

http://www.zenjukyo.jp/rains/

 

レインズのログイン画面

 

近畿レインズシステムにログインする時は、下記から進めます。

 

http://www.member.kinkireins.or.jp/IP_system/login/

 

尚、東日本や中部圏、西日本の会員様のボタンは別になるので気をつけましょう。

 

ログインには利用idとパスワードが必要です。

 

 

全日本不動産関東流通センターとは?

 

全日本不動産関東流通センターとは、不動産協会において公平で適正な取引や、不動産流通を円滑にするための部門です。

 

東日本レインズが主催のラビーネットシステムのサポートもしています。

 

利便性アップに向けて、機能充実やシステム強化、システム改善に取り組んでいます。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.