未分類

産前産後休暇【書式・申請・計算ツール・厚生労働省・休業・違い・日数・給与】

 

産前産後休暇【書式・申請・計算ツール・厚生労働省・休業・違い・日数・給与】

出産しても働きたい女性は多いでしょう。

 

しかし、出産するにあたってはやはり休暇が必要です。

また会社に戻ってくる意思があれば、出産休暇が取れます。

その期間中も給与が支払われるのです。

 

育児休暇は知っているけれど、産前産後休暇って何?と、まだ詳しく知らないあなた。

ここでは、「産前産後休暇」についてご紹介していきます。

 

産前産後休暇とは何?

 

キャリアも家庭も大事にしたい!

 

という女性は、出産の予定があれば出産休暇についても気になるでしょう。

 

出産に備えて休暇をとりたいけれど、どれくらい許されるのかしら?

 

と、疑問になります。

 

また、会社の総務部や労務担当者も、決められた産前産後休暇の制度について、社員から聞かれた的確に答えなければなりません。

 

産前休業について

 

産前休業とは、今後6週間以内に出産する見込みがある労働者が申請できるものです。

 

会社が産前休暇の申請書を受け取ったら、労働者を終業させてはいけません。

 

これは法律で決まっているのです。

 

そのため、どんなに会社側は休まれて困る人材でも、産前休暇の申請があった以上、独断で却下できません。

 

さらに、もし双子や三つ子など、一度に複数人を妊娠した場合は、産前休暇の期間も長くとれます。

 

14週間前から申請できるのです。

 

産後休業とは

 

産後8週間がたっていない労働者を、働かせてはいけないことになっています。

 

ただし、産後6週間が経過し、労働者が希望、申請して医師のお墨付きであれば、働いていいことになります。

 

便利!簡単自動計算ツール

 

出産予定日または育児休業開始の日を入力するだけで、休業期間が自動計算できるツールです。

受け取れる手当や支給額についてもわかるでしょう。

 

https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/leave/

 

こちらも使えます。

 

産休と育休の期間を計算してみましょう。

 

https://keisan.casio.jp/exec/system/1528161444#:~:text=%E7%94%A3%E4%BC%91%E3%81%A8%E8%82%B2%E4%BC%91%E3%81%AE%E4%BC%91%E6%A5%AD%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%82%92%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82&text=%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%9F%BA%E6%BA%96%E6%B3%95%EF%BC%88%E2%80%BB1,%E6%97%A9%E3%81%8F%E7%94%A3%E4%BC%91%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

産前産後休暇に必要な書類のテンプレート

出産前と出産後は、お母さんにとって大事な時期です。

体優先で、会社をお休みする必要がありますね。

 

休暇をとるには申請が必要です。

 

申請書類は、こちらのpdf形式の書類を印刷できます。

 

https://www.lcgjapan.com/pdf/shoshiki560.pdf

 

産前産後休暇は厚生労働省が認めている!

 

産前産後休暇は、厚生労働省で認めている制度です。

詳しい案内は、こちらからわかります。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/31.pdf

 

産前産後休暇と育児休業の違いって何?

 

産前産後休暇と混同しやすいのが、育児休業です。

ここできちんと意味を区別しておきましょう!

 

産前産後休暇は、妊娠している女性や、胎児を守るために労働基準法で定められています。

出産予定日前や出産後は、女性の体に危険なことがあってはいけないため、就労を許可していません。

 

出産前は、過剰な負担や刺激は避けるべきであり、出産に備えて体力を養わなければなりません。会社での仕事が体力喪失になる恐れもあるため、出産前は積極的に休暇が求められます。

 

出産への備えや産後の体力回復の目的で「産前産後休暇」があります。

 

一方で育児休業は、育児・介護休業法で決められています。

 

育児休業ができる受験は、下記に当てはまる場合です。

 

  • 子どもが1歳6か月になる前日まで労働契約の期間が満了しない
  • 事業所で一年以上勤務している
  • 1歳未満の子供の養育に集中したい

非正規労働者でも、条件によっては育児休業が認められます。

 

ただし、日雇い派遣に関しては対象外です。

 

同じ会社で一年以上勤めている派遣社員などが、対象に入ります。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.