未分類

不動産売買契約書【エクセル・ひな形・ワード・個人・売却・必要書類・一覧・売主】

 

不動産売買契約書【エクセル・ひな形・ワード・個人・売却・必要書類・一覧・売主】

高額な不動産の売買契約では、「不動産売買契約書」が必須でしょう。

不動産を売却する時、買う時の必要書類です。

 

不動産には、土地や建物が含まれます。

まだ建物が建っていない土地もそうですし、マンションやアパート、ビルなども不動産です。

 

安く済むことがなく、たいていは高額でまとまった金額です。

 

不動産売買契約書を結んだあとも責任が伴います。

 

契約解除の項目も不動産売買契約書に記されているものの、実際に契約解除するのは難しく、できたとしても多額の解約金が発生する場合があります。

 

対象の不動産の内容や、契約条件、氏名、住所などを記すほか、契約者の双方が対等で、どちらも不利益を被らないようにします。

 

一般的に、不動産の売買は高額になります。

 

そのため、ほとんどの売買取引で「不動産売買契約書」が必要です。

 

不動産売買契約書で条件や内容を明文化することにより、将来のトラブルを防ぎます。

 

インターネットで不動産売買契約書のテンプレートをエクセルやワード、pdf形式ダウンロードし、使うこともできます。

 

不動産売買契約書のひな形はこちらです

 

ワード形式

 

https://www.bizocean.jp/doc/detail/515108/

 

https://www.bizocean.jp/doc/category/134/

 

 

不動産売買契約書に記載する内容

 

不動産売買契約書には、

 

  • 取引する不動産の数量
  • 不動産の用途
  • 金額
  • 支払い
  • 引き渡し方法
  • 瑕疵
  • 補修
  • 契約解除
  • 交換
  • 違反した際の罰則

 

などを書きます。

 

不動産の譲渡契約書となると、印紙税がかかるのでお気をつけください。

 

不動産売買契約書と同時におこなわれること

 

不動産売買契約書の締結の時と同時に、買主側の住宅ローンの審査や、物件の調査も入ります。

 

不動産売買契約書を締結する時は、宅地宅建取引士が、不動産の大切な事柄について重要事項説明書を発行し、ガイドしてくれます。

 

法律で義務になっているため、省略はできません。

 

実際に不動産売買契約書の締結をするには、一つひとつ契約内容を確認しながら締結するため、個人で勝手に読んで理解して、とはなりません。

 

不動産売買契約当日の必要書類

 

不動産売買契約をするには、売主も買主側も当日に立ち会わなければなりません。

 

売却する側と買う側とでは、当日の必要書類にも違いがあります。

 

一般的には、買主よりも売主のほうが持ち物は多いです。

 

それぞれの必要書類を一覧にすると、次のようになります。

 

【買主の必要書類】

 

  • 印鑑
  • 手付金
  • 収入印紙
  • 本人確認書類
  • 仲介手数料の半金

 

 

【売主の必要書類】

 

  • 実印
  • 本人確認書類
  • 管理規約・管理組合総会議事録など(マンションの場合)
  • 仲介手数料の半金
  • 固定資産税・都市計画税納税通知書
  • 設備表
  • 収入印紙
  • 土地・建物登記済証(権利証)または登記識別情報
  • 印鑑証明書
  • 建築確認通知書・検査済証
  • 測量図・建物図面・建築協定書
  • 物件状況等報告書

 

 

私も不動産契約のシーンを見たことがありますが、買主側は必要書類が少ないです。

しかし売主側はたくさんあり、説明事項もいっぱいあるんです。

 

不動産契約を締結するのは、サクッと終わりません。

私の場合ですが、ほぼ半日かかりました。

説明を聞いている時間も長いです。

 

一つ一つ確認していき、問題や疑問点はないか確かめていきます。

あればその場で解決するのがいいのです。

いずれにしても、不動産売買契約書を結ぶ時はよく読み、内容を理解し、慎重に契約しなければなりませんね。

また、契約を結んでも解除するのは大変です。

高額な契約になるため、そう簡単に解除はできません。

自己都合で契約解除するのが難しいのは当然、違約金が発生するため気をつけましょう。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.