未分類

ワード 上書きモード【切り替えや解除・ショートカット・解除できない・mac・直す・表紙・変更】

 

ワード 上書きモード【切り替えや解除・ショートカット・解除できない・mac・直す・表紙・変更】

ワードは、上書きモードに切り替えや解除ができます。

 

ショートカット一つで解除や設定ができるため、そんなに難しい操作ではありません。

 

ワードを使う機会が多ければ、ぜひ知っておくといい設定方法です。

 

ワードの上書きモードって何?

 

ワードを使い慣れている人でも、何気に知らないのが上書きモードです。

 

私もワードのヘビーユーザーでも、最初は何気に知りませんでした。

 

知らないうちに上書きモードになっていて、何度も困った経験があります。

その時は方法がわかりませんでした。

 

だから一度上書きモードになったら、自然に直るまで自分で解除できないのが大変でした。

どうやら、自然にショートカットキーに触れてしまい、上書きモードに変わってしまうことがあったようです。

 

解除する時もワンタッチ操作なので、無意識に手が触れていつのまにか直っていることがありました。

 

また、根拠があるかわかりませんが、いったんワードを閉じて、再度立ち上げると上書きモードが解除されていることがありました。

 

ですが、これは正しいやり方ではないため、ここで正しい解除法、設定法を学びましょう!

 

そもそも上書きモードとは?

 

上書きモードになっていると、元の文字の上から字が重なって入力されます。

普通なら、元の文字の後ろに文字がツラツラと入力されてきますね。

 

ですが、上から重なってしまうのが上書きモードです。

 

元の文字が完全不要な場合はいいですが、元の文字を後ろにつなげたい場合には不便です。

上書きせず、元の文字を後ろにつなげたい場合は、デフォルトのインサートモードが正しいのです。

 

上書きモードになった時は、インサートモードに直すことで解決します。

それでは、どのように直すといいでしょうか。

 

上書きモードが解除できない!

 

上書きモードや挿入モードは、ショートカット一つで変更できます。

 

キーボードの右上に、INSと記載されたボタンがあるでしょう。

 

もし上書きモードになってしまったら、このキーを押せば一発で挿入モードにチェンジします。

 

上書きモードは解除されるでしょう。

 

反対に、挿入モードから上書きモードに直す場合は、もう一度INSと書かれたキーを押すのです。

ちなみにINSというのは、Insertの略です。

 

ワードでデザインを選んで気軽に表紙作成

 

ワードでも綺麗な表紙が作成できるのはご存知でしたか?

例えば、本の表紙などです。

 

デザインを選んで文字を入力するだけなので、簡単です。

 

ワードで表紙を作る時は、ページ罫線を使うと綺麗に表紙が描けるでしょう。

 

ツールメニューから上書きモードを解除する方法もある

 

気づかぬうちに上書きモードになっていたら、ツールバーのオプションからも設定を変更できます。

 

  1. オプション
  2. 編集と日本語入力の項目を選ぶ
  3. ボックスの中の「上書きモードで入力する」のチェックを外す

 

これで上書きモードは常に挿入モードになります。

 

 

macにも上書きモードはあるの?

 

macのキーボードには、windowsのキーボードのようにインサートキーがありません。

だから、キー一つで上書き解除するのは難しいでしょう。

ですが、macにも上書きモードや挿入モードの設定があります。

 

 

  1. ワードのツールバーから「環境設定」を選ぶ
  2. 「編集」を選択
  3. 「上書きモード」のチェックを外す

とうはいうものの、macでは上書きモードの必要性がないと考えられているのか、上記の方法で上書き設定にしても上書きになりません。

それならオプションの意味がないと思うのですが…。

macユーザーは、知らないうちに上書きモードになってしまうことは、まずないと考えられます。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.