未分類

施工体制台帳【表紙の作成・新様式・ダウンロード・作成義務・改正・国土交通省・エクセル】

施工体制台帳【表紙の作成・新様式・ダウンロード・作成義務・改正・国土交通省・エクセル】

施工体制台帳とは、下請などを受けた工事の施工を請け負う業者名や、施工場所、技術者の名前を明記した帳簿です。

 

 

施工体制台帳の目的

 

施工体制台帳の提出を義務付ける背景には、簡単にいうと工事のトラブルを防ぐ目的があります。

 

  • 生産効率を低下させる安易な下請をしていないか
  • 建設業法に違反していないから確認する
  • 品質や安全性によるトラブル回避

 

などの目的があります。

 

建設現場で工事をおこなうには、事故や施工トラブルがあっては困りますね。

未然に防げるようにと、施工体制台帳を提出するのです。

 

施工体制台帳に記入する内容

 

施工体制台帳には、建設業者の許可や、請け負った工事の内容、下請人の情報や、社会保険の加入状況などを書きます。

 

  • 技術者の名前と資格
  • 工事内容と建設業許可に
  • 外国人建設労働者の従事の有無
  • 社会保険の加入状況

 

などを記入しておきます。

 

施工体制台帳のエクセルバージョンをダウンロードしたい時

 

webでは、施工体制台帳のエクセル版やword版のテンプレートを配布しています。

 

無料でエクセル版の施工体制台帳様式をダウンロードできるところといえば、こちらです。

 

https://www.bizocean.jp/doc/detail/517618/

 

こちらのテンプレートは、全建統一様式を採用しています。

役所やゼネコンで幅広く用いられている安全書類の書式です。

 

種類は第一号から13号まであります。

 

オレンジ色で「この書式をダウンロード」と書かれたボタンを押せば、すぐダウンロードできるでしょう。

 

施工体制台帳の新様式のダウンロードをするには

 

国土交通省でも、施工体制台帳の作成例を出しています。

 

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000191.html

 

新様式に改正されたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

施工体制台帳の作成義務

 

施工体制台帳は、作成義務があります。

 

公共、民間の工事問わず、提出が求められます。

 

施工体制台帳の作成義務がある業者

 

  • 締結した下請負契約の総額が4000万円以上
  • 発注者から直接建設を依頼された

このような条件にあてはまれば、施工体制台帳や施工体系図の作成義務があります。

 

 

Greenfile.workなら施工体制台帳表紙の作成も簡単?

 

施工体制台帳を効率よく作りたいなら、Greenfile.workを利用するのもおすすめです。

 

Greenfile.workとは、建設業界用の書類作成ツールです。

 

施工体制台帳を作るのって面倒、難しそう…

表紙の作成どうしよう…

 

とお困りなら、ぜひGreenfile.workを使ってみましょう。

 

作業の手間や時間が減り、大幅にコストかッとができるはずです。

地方から大手企業まで、ゼネコンが多数Greenfile.workを導入しています。

 

実績も15000社を突破しています。

クラウド上で管理できるから、紙ももう不要です。

運用が楽になるでしょう。

 

具体的には、下記のようなメリットがあります。

 

  • 自動帳票チェックで確認作業を減らせる
  • クラウド上で保存されてペーパーレスになる
  • マスター機能で次の書類作成時にも転用できる
  • 表紙の作成から書類作成、受け取りや協力会社の管理までできる

要するに、Greenfile.workを利用すれば、全部のプロセスができるということですね。

これまでエクセルの表計算や紙で管理していた担当者も、Greenfile.workでだいぶ楽になるでしょう。

詳しいことはこちらからわかります。

 

トップページ

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.