未分類

空気清浄機【ダイキン・パナソニック・比較・メーカー・おすすめ・2019・評価ランキング・比較・性能・選び方・加湿】

空気清浄機【ダイキン・パナソニック・比較・メーカー・おすすめ・2019・評価ランキング・比較・性能・選び方・加湿】

空気中には見えないホコリやチリが飛んでいます。

 

それらが多いと口から喉に入ってむせたり、接触すれば皮膚アレルギーを起こすこともあります。

 

空気中にチリやホコリが浮遊してそのままにしていても、直接病気の原因にならないものの、やはりよくありません。

 

肌や喉に悪いのです。

 

空気清浄機があれば、見えない空気中の汚れまでクリアになり、綺麗に清掃されます。

 

一般的な家電製品として空気清浄機は売られているので、購入も簡単でしょう。

 

横文字では「エアクリーナー」ともいいます。

 

役割としては、空気中のニオイや微粒子を取り除きます。

 

ダイキンでも加湿器を多数出していますが、ダイキン MCK70W-W 加湿ストリーマ空気清浄機もおすすめです。

 

 

そのほか多くのメーカーで空気清浄機を出しています。

例えばパナソニックでも空気清浄機を出しています。

 

2020年のおすすめの空気清浄機は?

 

2019年も空気清浄機が売れましたが、2020年はどのような空気清浄機の売れ行きが良かったのでしょうか。

 

評価ランキングで上位になった空気清浄機を、早速みていきましょう!

アイリスオーヤマ『花粉空気清浄機(KFN-700)』(空気清浄機タイプ)

 

人を感知する性能の高いセンサーを搭載しています。

 

花粉や空気を清浄にしてくれるでしょう。

とりわけエントランスで使用することを想定しています。

 

そのため玄関に置いて使うのがベターでしょう。

 

衣類についている花粉や、床から舞い上がるホコリ、花粉まで根こそぎ取り除きます。

特に不満はないと、利用者からの評価も高いのです。

 

パナソニック F-VXS70

 

木目調なのが印象的な空気清浄機です。

 

コントロールパネルも独特で何気に目を引きます。

アマゾンからも買えますよ。

 

服についた花粉を無害にする機能まで搭載されているんです。

コスパ重視のお客さんはもちろん、毎年花粉症で悩むお客さんにもおすすめです。

 

空気の流れによって、上についたツインルーバーが自動で作動します。

だから床の上の汚れもグングン吸い取ってくれるんです。

 

汚れの種類に合わせて力強く吸引できるのがいいですね。

 

wifi機能はついていないので、wifi機能不要なお客さんにもおすすめです。

 

 

ダイキン MCK70W

 

独自の技術を持ったダイキンのストリーマユニット。

 

普通のモデルの2倍搭載しており、ニオイの分解やスピード、脱臭性のも従来の2倍です。

 

10年間も交換不要のタフフィルターも使っています。

 

空気清浄機の選び方

 

有名なメーカーの空気清浄機を比較していても、どうやって選べばいいかわからないあなた。

 

そもそも加湿器空気清浄機と、空気清浄機のどちらを選べばいいかもわからない!というお客さんもいるはずです。

 

まず、空気清浄機の特徴、メリットをみてみましょう。

 

  • メンテナンスがしやすい
  • 脱臭フィルターの性能がいい
  • ホコリフィルター付き
  • チリを取り除く
  • 風量を調整できる
  • 自動運転用のセンサーがついている

 

一方で加湿空気清浄機は、水分にPM2.5を吸着させ、PM2.5を取り除く機能です。

 

冬に使えばエアコンによる乾燥対策になりますし、春は春でPM2.5の対策ができ、利用価値は高いです。

 

ですが、本体の大きさに注目すると、空気清浄機より大きくて場所をとります。

 

小型の加湿器空気清浄機も出ていますが、比較的大きいサイズが多い印象です。

 

 

スリムで場所を取らない清浄機をお探しなら、やはり選び方としては空気清浄機がベターでしょう。

ぜひ性能のいい空気清浄機をチョイスしてくださいね!

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.