未分類

保護ビュー【解除・とは・エクセルの設定・印刷・文字数・このファイルに問題・ワード】

 

 

保護ビュー【解除・とは・エクセルの設定・印刷・文字数・このファイルに問題・ワード】

 

保護ビューとは何かご存知でしょうか。

 

パソコン初心者にとっては、難しい用語に聞こえますね。

ですが、そんなに難しい意味ではないのです。

 

保護ビューとは

 

安全上、問題がありそうな怪しいサイト、広告は、保護ビューで開かれます。

 

保護ビューは、コンピューターを守るために読み取り専用として開いてくれるビューワーです。

 

脅威からパソコンを守ってくれるのですね!

 

保護ビューを使えば、ウイルスなどのリスクからパソコンを保護できます。

ファイルを読み込んで、その内容を確認すれば編集できますよ。

 

インターネット上のwebサイトを開いた時、自動で保護ビューが作動することがあります。

 

これは、インターネットから入手したファイルが、ウイルス感染している可能性を示します。

 

編集しないなら、保護ビューはそのままにして読み取り専用にしておきましょう。

 

 

保護ビューが作動すると、上記の内容が警告メッセージとして表示されます。

 

インターネットのwebサイトは多種多様です。

 

サイト上にあるファイルを入手する時は、十分に警戒しなければならないのです。例えば無料ダウンロードができるサイトなどありますね。

 

悪質なサイトだと、実際にダウンロードできるものと内容が異なる場合があります。

 

それだけでなく、ダウンロードすることでウイルス感染する恐れもあるのです。

 

このようなリスクからコンピューターを守るためにも、保護ビューが活動しているのですね。

 

「このファイルに問題があります」など、メッセージが出てくるでしょう。

少しドキッとしませんか?

 

保護ビューは、マイクロソフトで提供しています。

 

インターネットを使っていると、保護ビューのさまざまな警告メッセージが出てくるでしょう。

 

だからあなたも危険察知ができ、警戒できるのです。

 

これが結果的に、ウイルスの脅威からパソコンを守ることに繋がります。

 

保護ビューに関するエクセルの設定

 

エクセルでも、保護ビューが使われることがあります。

エクセルで保護されたビュー機能を、解除できます。

 

  1. ファイル
  2. オプション
  3. セキュリティセンター
  4. セキュリティーセンターの設定
  5. 保護されたビューを選択
  6. ファイル制限機能の設定をクリック
  7. 開く、保存にチェックが入っているものは全部外す

 

印刷したい時は保護ビューを終了する

 

インターネットのサイトを印刷したいときってありますね。

 

その時、保護ビューが作動していると印刷がうまくいかないでしょう。

 

印刷するには、保護ビューを終了する必要があります。

 

保護されたビューを解除しましょう。

 

ワードの文字数について

 

ワードで文字を入力していると、下で文字数を確認できますね。

ですが、パっと出てきた文字数と、最終的に表示される文字数が相違することがあります。

 

さっきは500と出たのに、その2秒後に600に増えた!という例があるのです。

 

これは不思議な現象ですね。

保護ビューを使っていると文字数にも変動がみられるのでしょうか?

結論からいうと、保護ビューは関係ありません。

終わりに

 

いかがでしたか?

インターネットのサイトを見ている時、確かにちらほら警告メッセージのようなものが出ることがありますね。

それは保護ビューワーの役目だったのですね。

いずれにしても、セキュリティのためのビューワーです。

印刷や編集する時には無効化が必要ですが、そうでなければ基本的にそのまま保護ビューワーを出しておきましょう。

コンピューターは常にウイルスの脅威にさらされています。

大事な情報が入ったコンピューターを守るためにも、保護ビューワーを日々活用していきましょうね。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.