未分類

退職所得の受給に関する申告書【提出先・書き方・記入例・様式・市町村長・どこ・ダウンロード・計算・申請書・退職金・所得税】

退職所得の受給に関する申告書【提出先・書き方・記入例・様式・市町村長・どこ・ダウンロード・計算・申請書・退職金・所得税】

会社員であれば、退職時に「退職金」が受け取れますね。

 

退職金を期待している会社員も多いでしょう。

 

そのお金をそのまま老後の資金の足しにしようと、考えている人も多いはずです。

 

年配になって働けなくなったら、退職金のありがたみは大きいです。

 

しかしここで一つ注意があります。

退職金は高ければ高いほうがいいですが、高い程税金がかかります。

 

退職金にも税金がかかるのです!

 

退職金は、基本的に一回しか受け取れないものです。

 

その一回の支給で税金がかかるなんて…と、驚く方もいるでしょう。

ここでは、退職金の申請方法や様式などについて解説していきます。

 

退職金について疑問や興味があれば、ぜひご参考にしてみてください。

 

退職所得の受給に関する申告書が必要

 

退職金を受け取るには、退職所得の受給に関する申告書を提出する必要があります。

 

退職所得の受給に関する申告書を提出すれば、企業は労働者の所得税や復興特別所得税を計算し、所得に応じた退職金を出します。

 

ちなみに退職所得の受給に関する申告書を出せば、確定申告を出す必要はありません。

 

一方で、退職所得の受給に関する申告書を出さなかった場合は、20%くらいの源泉徴収がかかるので気をつけましょう。

受給した本人自ら確定申告しなければなりません。

 

これが面倒なら、退職所得の受給に関する申告書を提出する必要がありますね。

 

退職所得の受給に関する申告書を企業に出せば、あなたが確定申告書類を自分で出すのは不要です。

 

しかし実は、必ずしも企業に退職所得の受給に関する申告書を提出したほうが楽ということでもないのです。

 

というのも、退職所得の受給に関する申告書を出さずに自分で確定申告したほうが得なケースもあるからです。

そのようなケースは、下記の場合です。

 

  • ほかに赤字所得がある
  • 途中で退職して再就職をしなかったとき

 

上記の条件に当てはまるなら、退職所得の受給に関する申告書を出さず、自分で確定申告書を出すといいですよ。

そのほうが、年末調整であなたに戻ってくるお金が増える可能性が高いからです。

 

退職所得の受給に関する申告書はどこからダウンロードできる?

 

退職所得の受給に関する申告書の用紙は、オンラインでダウンロードし、使えます。

 

国税庁のホームページで、退職所得の受給に関する申告書の用紙は無料配布されています。

 

ダウンロードして家の印刷機でダウンロードすれば、直接用紙を受け取りに行くことはありません。

 

自分でダウンロード、印刷しなくても、会社で申請書をもらえることもあります。

人事担当者に聞いてみるといいでしょう。

 

退職所得の受給に関する申告書の提出先

 

基本的には、企業の人事部に出します。

 

ちなみに退職所得の受給に関する申告書を提出しなかったら、退職所得控除が反映されません。

 

退職した年の年収が低ければ、扶養控除や配偶者控除、基礎控除が控除しきれない場合があるので気をつけましょう。

 

退職所得の受給に関する申告書を出さずに自分で確定申告すると、税金がたくさん戻ってくる可能性があるんです。

 

確定申告を自分で提出する時は、提出先は税務署、市町村長です。

 

あなたのお住いの地域を管轄している税務署に、オンライン、郵送、直接などの手段で提出します。

退職所得の受給に関する申告書の書き方

初めて退職所得の受給に関する申告書を書くなら、書き方がわかりませんね。

記入例を見ながら書くとわかりやすいです。

https://www.nagoya-kyosai.jp/images/pdf/taishoku-sinkokusho-ex.pdf

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.