未分類

金銭消費貸借契約書【雛形・無料・ひな形・テンプレート・親子間・利率・利息・親族間】

金銭消費貸借契約書【雛形・無料・ひな形・テンプレート・親子間・利率・利息・親族間】

金銭消費貸借契約書とは、借主が将来一定の利息で返済することを約束し、貸主からお金を借りる契約です。

消費者金融からお金を借りる時も、金銭消費貸借契約書を締結するでしょう。

 

住宅ローンを組む時、銀行と契約するのも金銭消費貸借契約書なんです。

 

名称は「住宅ローン契約」など簡単になっていますが、中身は金銭消費貸借契約書と同じです。

 

金銭消費貸借契約書には、金利のタイプや借入金額、返済期間など、細かい項目が記載されています。

 

まとめてみると、次のような項目を金銭消費貸借契約書に記載するようになります。

 

  • 滞納した場合の対応
  • 繰り上げ返済の手続き
  • 手数料
  • 金利
  • 借入金額
  • 返済期間
  • 利息

 

金銭消費貸借契約書には2つあります。

 

銀行と契約者本人が一つずつ保管します。

 

契約書に貼る収入印紙税は、銀行と契約者が負担します。

 

金銭消費貸借契約書のひな形がダウンロードできる!

 

webサイトには、金銭消費貸借契約書のひな形を配布しているサイトがあります。

 

金銭消費貸借契約書を作成する時、自分一人で一から作成しようとすると、膨大な手間がかかります。

 

雛形があったほうがやはり作業は早いですね。

 

そこで、こちらのサイトからテンプレートをダウンロードするといいでしょう。

 

https://www.bizocean.jp/doc/category/137/

 

上のリンクにアクセスすれば、金銭消費貸借契約書の書式やテンプレート、書き方が

わかります。

 

親子間でも金銭消費貸借契約書は必要なの?

 

親子でもお金の貸し借りが発生することはあるでしょう。

そのようなケースでも、金銭消費貸借契約書は必要でしょうか?

 

結論からいえば、必須ではないものの、親子間で金銭消費貸借契約書を交わすケースはあります。

 

なぜなら金銭消費貸借契約書は、銀行や会社相手の取引の時に使われるものではないからです。

 

友人や親子間、兄弟、親族間でも金銭消費貸借契約書が出てくるシーンはあるでしょう。

 

例えば、家を購入するために親から2000万円借りた、親族に200万の借金があるといった場合も、金銭消費貸借契約書があると安心です。

 

金銭消費貸借契約書は個人間でも通用するのです。

 

子どもがマイホームを購入する時や結婚式を挙げる時は、親が進んでお金を払うことは多いでしょう。

 

しかし、親子間でのお金の貸し借りは、契約書なしにしていると、法律上「贈与」に

とられる場合があります。

 

贈与は税金の対象となるため、贈与税がとられるのです。

課税対象になってしまっては、税金を余分に払わなければなりません…。

 

当然、お金を受け取った子供のほうは、税金対象にされたくないでしょう。

言い方は悪いですが、お金をもらったらもらいっぱなしがいいはずです。

 

ですが、親族間、親子間で最も気を付けるべきなのは「贈与税」なのです。

 

税務署から「贈与」と判断された場合は、贈与税を支払うことになります。

 

親子間でも贈与税の対象にならない金銭がある?

 

とはいうものの、親子間でお金の貸し借りがあったからといって、すべてが「贈与」と判断されるわけではありません。

 

例えば

 

  • 教育費として
  • 生活費として
  • その都度必要になる金員

 

の場合は、贈与税の対象に入らないでしょう。

 

しかし、

 

  • 贈与されたお金を預金した
  • 贈与されたお金で株式や不動産を買った

 

場合は贈与税がかかります。

 

 

 

終わりに

 

金銭消費貸借契約書は結局のところ、融資の契約です。

 

ローン契約や金消契約が金銭消費貸借契約書に含まれます。

 

利息と遅延損害金も金銭消費貸借契約書に記載しておきますが、その利率は勝手に決められません。

法律で決められているからです。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.