未分類

電気工事士【申し込み・インターネット・基本知識・資格一覧・講習・年収・試験日・2種】

 

電気工事士【申し込み・インターネット・基本知識・資格一覧・講習・年収・試験日・2種】

電気工事士とは、名前のごとく電気工事をする人のことです。

 

電気工作物の工事には欠かせない従事者で、特定の技能と知識が必要です。

国家資格なのに、試験があります。

 

その免許は都道府県知事によって発行されます。

 

電気工事には、

 

  • 第一種電気工事…工場、ビルなどで作業
  • 第二種電気工事…一般家庭や店舗で作業

 

があります。

 

電気工事士の年収ってどれくらいなの?

 

電気工事士になりたいなーと考えている人にとって、年収を知っておくのも大事ですね。

 

電気工事士の平均的な年収は、398万円です。約400万円で、ほかの職業も含めた日本の平均年収の中では、低いほうです。

 

電気工事士の年収はあまり高くないと認識したほうがいいかもしれませんね。

月にすると33万円くらいです。

 

しかし初任給は21万円です。

 

電気工事士は国家資格がなければできない仕事

 

電気工事士には資格が必要ですから、試験を受けて、国家資格をとった者でなければ作業できません。

 

電気工事士はビルや工場、商店、住宅の工事現場などで作業します。

電気設備の安全を点検し、守るためにも法令で決まっています。

 

第1種電気工事士は、最大電力500キロワット未満の施設で工事ができる資格を持ちます。

 

第2種電気工事士は、一般住宅や店など、600ボルト以下で受電する設備や施設で働きます。

 

最近では、電気工事士の技能試験については出題候補が事前にわかるようになり、受験者にとって勉強しやすくなりました。

 

 

電気工事士に関連した資格一覧

 

http://www.znd.or.jp/jobs/qualification/

 

電気工事士を目指しているなら、第1種、第2種電気工事士の資格をとればいいと思っていませんか?

 

そのほかにも、電気工事士に関連した資格があります。

上記のリンクにアクセスすればわかる通り、

 

  • 特殊電気工事資格者
  • 認定電気工事従事者

 

などの資格があります。

 

電気工事士の試験日程について

 

2020年(令和2年)の試験日は、こちらのpdfファイルからわかるでしょう。

 

https://www.shiken.or.jp/schedule/pdf/R02denkounitteiaki8.pdf

 

電気工事士の講習に申し込む時

 

電気工事士を目指す人のために、講習会が実施されています。

まずは会場や日程を選択し、受講者の基本情報を登録しましょう。

 

会員ページにログインしたら、インターネット上でお申込みができます。

 

講習会では、電気工事士における基本知識や、試験に備えた技能の勉強ができます。

 

電気工事士の講習会には添付書類も必要です

 

電気工事士の講習を受けるにあたっては、写真付きの公的身分証明書が必要です。

 

身分証明書として認められるのには、下記の書類があります。

 

  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 10年以内に発行された第1種電気工事免状

 

電気工事士の講習会に申し込むには会員登録が必要です

 

先ほどお伝えした通り、電気工事士の申し込みには会員登録が必要です。

 

事前登録しておけば、受講期限をお知らせするサービスも利用できるでしょう。

 

講習会の期限をうっかり忘れてしまう心配もありません。

さらに、そのほかにも会員特典があるのです!

 

インターネットでメールアドレスを登録し、事前登録したらマイページができます。

マイページを作っておけば、下記のようなメリットが利用できるのです。

 

  • 技能情報や事故情報がメールマガジンで届く
  • 受講者情報の変更や、講習会の申し込み確認、領収書の発行ができる
  • マイページから技術情報や事故の情報をチェックできる

 

インターネットで申し込む時は、こちらから。

https://koshu.eei.or.jp/entry/kiyaku.php

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.