足利フラワーパーク2018のイルミネーションの混雑状況や割引クーポンや駐車場は?

足利フラワーパーク!2つのシンボルと8つのテーマ!? 営業時間、交通・アクセス・駐車場・混雑状況などを紹介!

栃木県にある「足利フラワーパーク」
CNN「世界の夢の旅行先10か所」に日本から唯一選出され、また、日本のメディアでも多く取り上げられるようになり、国内外からの人気も急上昇!

世界中から注目され、春夏秋冬いつ訪れても、その季節の旬な花や植物を楽しめるパークは一見の価値ありです!!

目次
1「足利フラワーパーク」とは?
1.1 概要・人気の理由
1.2 「新駅」誕生!
1.3 交通・アクセス・駐車場
2「2つのシンボル」
2.1 「ふじのはな物語~大藤まつり~」
2.2 イルミネーション「光の花の庭」
3「8つのテーマ」
3.1 早春
3.2 春の花祭り
3.3 ふじのはな物語
3.4 レインボーガーデン
3.5 ブルー&ホワイトガーデン
3.6 水辺に浮かぶ花の妖精たち
3.7 パープルガーデン
3.8 光の花の庭
4 営業案内information
5 最後に

「足利フラワーパーク」とは?
概要・人気の理由
日本を代表する観光名所!敷地面積9万4000平方m(東京ドーム2個分)の園内は四季折々の花が咲き乱れ、まさに「花の楽園」です。 「大藤」が有名ですが、1年を通じて四季折々の花を魅力的に展示しているので1年中楽しめるテーマパークとなっています。
また、10月下旬から2月上旬の期間、夜はイルミネーションを展開。このイルミネーションは「日本夜景遺産」に認定され、有名で人気があります。

「新駅」誕生!
JR両毛線に新駅「足利フラワーパーク駅」が2018年4月1日開業しました。
あしかがフラワーパーク駅の場所は、あしかがフラワーパーク西口ゲートから徒歩1~2分(正面ゲートから3~4分)

藤の花が見頃を迎えるゴールデンウィークやイルミネーション期間の週末などは混雑で車の渋滞は避けられません。そのため、電車で新駅を利用するのが便利で、都心からの日帰りもこれまでよりも大変楽になりました。

交通・アクセス・駐車場
◆電車を利用される方
JR両毛線「足利フラワーパーク」駅をご利用ください。
◆車を利用される方 (時間は平常時)
【東北自動車道より】
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
【北関東自動車道より】
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
【駐車場】
無料駐車場:普通車300台
大型  40台
無料臨時駐車場:6000台
(混雑時、少し離れた畑等を利用)

600畳敷の大藤棚3面と世界でも珍しい八重の
大藤棚、庭木仕立ての藤、80mにも渡って続
く藤の花のトンネルと池に映る水鏡効果の夜
の藤達、この世のものとは思えない程の息を
のむ美しさ!!

「2つのシンボル」

◆ふじのはな物語「~大藤まつり~」
毎年4月中旬~5月中旬に開催。
大藤棚をはじめ350本以上の藤が咲き誇る様は圧巻。大長藤・八重黒龍藤・むらさき藤・うす紅藤・白藤等、様々な種類の藤が楽しめ、中でも、県指定天然記念物に指定される、600畳分の藤棚で樹齢150年に及ぶ大藤は2m近くにも下がり、見物客の目を楽しませています。

◆イルミネーション「光の花の庭」
毎年10月下旬~翌2月中旬に開催。
夜景コンベンションビューローが認定する
日本三大イルミネーションに選ばれ、2016年
、2017年の2年連続で全国の夜景鑑賞士が
選ぶ全国イルミネーションランキングにお
いて、イルミネーション部門で全国1位を
獲得しました。

季節はそれぞれの景色・表情を写し変えていきます。花や木はその舞台の主役!花や木を通してその四季折々「花の楽園」 数百株の花木が8つの季節を美しく彩ります!

「8つのテーマ」
四季折々、花の楽園「8つの花のステージ」
が来園者をお出迎えしています。
【第1章:早春】
・1月上旬~2月下旬
・250基の雪囲いと、冬咲きボタン・ろう梅・寒紅梅
【第2章:春の花まつり】
・3月上旬~4月中旬
・20000球のチューリップ・雪柳・桜
【第3章:ふじのはな物語】混雑必至!
・4月中旬~5月中旬
・藤・ツツジ・シャクナゲ
【第4章:レインボーガーデン】
・5月中旬~6月上旬
・バラ・シャクナゲ・クレマチス
【第5章:ブルー&ホワイトガーデン】
・6月上旬~7月上旬
・花菖蒲・アジサイ
【第6章:水辺に浮かぶ花の妖精たち】
・7月上旬~9月下旬
・スイレン
【第7章:パープルガーデン】
・10月上旬~11月下旬
・アメジストセージ・秋バラ
【第8章:光の花の庭】混雑必至!
・10月末~翌2月上旬
・さまざまなイルミネーション

営業案内information
◆あしかがフラワーパーク【公式サイト】
( https://www.ashikaga.co.jp/index.html )
◆入園料
◎花の咲き具合により料金が変動します。
(2018年度は300円~1800円)
◎お得な会員情報(メール会員・花おい倶楽部)もありますので詳しくは公式サイトをご確認ください。
◆開園期間(休園日)
◎2月第3水、木と12月31日は休園
(定休日はなし)
※ペットを連れての入園は出来ません。
◆開園時間
◎開園時間は季節により変更になります。
[通常期]  AM 9:00 ~ PM6:00
(ふじのはな期間を除く)
[夏季・冬季]AM10:00 ~ PM5:00
(イルミネーション期間を除く)

最後に、
「足利フラワーパーク」如何でしたでしょうか?

ここでは、メジャーな情報のみをお伝えし
ましたが、この他にも、季節により「こど
もフェスティバル」「夏祭り」等のイベントや、ポケモンGO(ポケモンの巣)など、
一年を通して楽しめるほか、ここでお伝えした「四季折々の花の楽園」等々の素晴らしさは、写真や言葉では表せませんので、実際にご覧いただくのが一番です。
尚「大藤まつり」「イルミネーション」等
混雑時には、開園直後に入園できるよう、
早めにお出掛けされることをお勧めいたします。

お出かけ探しの参考になれば幸いです。

混雑・時間

平日

土曜日・日曜日

温泉

バス

駐車場・臨時駐車場

渋滞

お土産

屋台

途中退園・再入園

アクセス

電車

駐車場

入園料

割引券・割引クーポン

グルメ・食事・夕食

感想・口コミ

開催期間・ライトアップ期間

チケット料金

見どころ・周り方

シンボルツリー「奇跡の大藤」

繊細な超大作!光の壁画

見どころ満載!多彩なイルミネーションアート

光のバラ園&光の睡蓮

コメント