未分類

appleid パスワード【リセット確認方法・裏技・忘れた・変更・違う・とは・何桁・ロック・大文字】

appleid パスワード【リセット確認方法・裏技・忘れた・変更・違う・とは・何桁・ロック・大文字】

appleidとは、アップルのさまざまなサービス、アプリを利用する時に要するアカウントです。

 

アップルがipadやiphone、macなどのデバイスで利用する認証方法で、これがないと利用できません。

 

appleidが違っているとログインできず、アップルのアプリ利用やサービスが利用できないでしょう。

 

そもそも、appleidを作っていない場合も、情報を入力できないため先に進めませんね。

 

appleidは作ったものの、パスワードを忘れてしまった時も同様です。

 

尚、すでにappleidにログインしている場合はログイン不要です。

 

appleidのパスワードを忘れてしまった場合

 

appleidのパスワードを忘れてしまったら、当然appleidにサインインできません。

ですから、この場合はパスワードをリセットしましょう。

 

その忘れてしまったパスワードから新しいパスワードにすれば、もう思い出す必要はありません。

 

今後もずっと、新しいパスワードを利用すればいいのです。

これは裏技の一つとして覚えておくといいでしょう。

 

ただし、その新しいパスワードは絶対なくさないように、上手に管理しておきましょうね。

 

何度も間違ったパスワードを入力していると、ロック制限がかかって入力すらできなくなります。

 

パスワードをリセットする方法としては、2通りあります。

 

  • セキュリティ用の質問に回答する
  • メールを受け取る

 

 

多くの場合、「メールを受け取る」を選ぶのが無難でしょう。

もし、自分が設定したセキュリティ質問の回答を管理してあれば、質問に答えて認証する方法もとれますね。

 

appleidとして登録したメールアドレスさえ忘れてしまった場合、このような質問によるパスワードリセットはおすすめです。

 

もし登録したメールアドレスを覚えているなら、メールアドレスによって手続きするのが最も簡単だと思います。

 

appleidを変更したいのにできない場合

 

何らかの事情で、appleidを変更することもあるでしょう。

 

変更できない場合は、30日以内に作ったicloudのメールアドレスに、アップルidを変更しようとすると、しばらくやり直すよう案内がくるでしょう。

 

使用したいメールアドレスが利用できない、すでに使われている警告が出たら、自分の家族がそのメールアドレスを、別のアップルアカウントに使っていないか確認します。

 

もし使っているなら、ご家族がそのアカウントからアドレスを消去します。

appleidを電話番号にできる

appleidは、メールアドレスとパスワードを登録するイメージですが、
電話番号&パスワードでも構いません。

今まではメールアドレスを登録していたものの、新たに電話番号に変更したいといった場合も、大丈夫です。

appleidを変更する時の注意点

 

appleidの情報を変更するので、もし今の古いappleidでログインしている時は、いったんログアウトしましょう。

そして変更後のappleidで入りなおします。

終わりに

 

いかがでしたか?

 

appleidのパスワードを忘れた場合、あたふたと焦ってしまいそうですね。

しかし、リセットして変更できるので大きな問題はありません。

 

今後二度とアップルのアプリやサービスが利用できないわけではありません。

ただし、パスワード変更やリセットにも、規定があるのでその規定にのっとりましょう。

大文字小文字の指定や、何桁までという指定に従って、新しいパスワードを作るのです。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.