未分類

回線速度、通信速度(測定・どれくらいが普通・無料・usen)

 

回線速度、通信速度(測定・どれくらいが普通・無料・usen)

回線速度を調べることができたら便利と思いませんか?

 

オンラインでは、インターネット回線スピードテストというサービスを提供しているところがあります。

 

例えばusenです。

 

https://speedtest.gate02.ne.jp/

 

「測定開始」という黒のボタンがあるため、そこをクリックすればすぐ始められるでしょう。

 

測定は無料です。

 

ワンクリックでネットの通信速度を調べられるので、自分のpcの回線が遅いなーと感じている時も参考になります。

 

ちなみに私はネットフリックすを使っていて、映画の再生がとてつもなく遅かった時、通信速度テストを使ったことがあります。

 

通信速度があまりに遅いと、動画を再生するにも時間がかかりますし、途切れて快適に視聴できないことがあります。

 

そんな不便を感じた時も、usenの通信速度テストが参考になるでしょう。

usenの通信速度テストはどんな時利用できるの?

 

  • ネットを使うLIVE配信を利用する時
  • wifiを設置しているお店やホテル、店舗経営をしている企業
  • 大容量の画像や動画などのやり取りをする時
  • 自宅のインターネットの通信速度が知りたい時
  • リモートツールを使って在宅ワークをしたい時

 

usenのスピードテストがリニューアル?

 

usenでは以前から通信速度のテストを提供していましたが、リニューアルしました。

変更点は以下のような点です。

 

  • 測定可能範囲を広くした
  • 用途別に測定結果を表示できるようにした
  • 法人利用も想定した仕様にした

 

 

どれくらいが普通なの?

 

回線速度を調べるといっても、どのくらいが快適な速度か基準を知っていなければ、測定結果を知ってもいいも悪いも判断できません。

 

一般的には、10Mbpsくらいあれば普通の回線速度といわれています。

 

このあたりの数値が結果に出れば、極端に遅いということもなく、トラブルを疑う必要はないでしょう。

 

ただし、これは一般的な目安となるので、一人ひとり快適だと感じる回線速度は違うでしょう。

 

たとえ問題のない測定結果だとしても、自分としてはもっと早いほうがいいという方もいて当然です。

 

ちなみに回線速度には下りと上りがあります。

 

もし、あなたが個人的に通信速度が早すぎると感じているなら、メールの受信やweb閲覧、動画の視聴に関する下りの線が早いからといえます。

 

パソコンやスマホにつないでいて、接続が速い、反応が速いと感じるのは下りの回線速度が速いからです。

 

注意点は、インターネット回線の契約をする時にした最大通信速度です。

 

プロバイダが提示する数値で、理論上の数字です。

 

 

ということは、常にこの通信速度が維持されるというわけではないのです。

 

例えば光回線を使っていた場合、実際の回線速度は基準のうち6割程度です。

 

用途によって回線速度が変わってくることを理解する

 

通信速度の前提として知っておきたいことがあります。

それは、通信速度は用途によって変わってくることです。

 

例えば、webサイトを閲覧する時の回線速度と、メールやラインを閲覧する時に回線速度は異なります。

 

動画を見る時も違うでしょう。

 

動画を閲覧する時の回線速度の基準は、5~20Mbpsです。

 

しかしもし画質にこだわった動画を見るのであれば、20以上は欲しいところです。

 

webサイトを閲覧する時は1Mbps~10Mbpsくらい必要ですが、動画視聴の時よりも低いです。

 

サイト内に動画や画像がたくさんある程通信速度が必要になり、遅くなることがあります。

 

メールやラインで受信や送信する時は、128kbps~1Mbpsです。

 

ただ、メールを送受信するにしても、文字だけならいいですが、動画や画像が入っていればやはり速度が落ちます。

 

ファイルを添付する時もそうです。

 

ダウンロードにも多少時間がかかるでしょう。こういった前提を知っておくべきなのです。

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.