未分類

アンケート【回答形式・種類・結果報告・例文・の目的や意義・質問・の作り方・用紙】

アンケート【回答形式・種類・結果報告・例文・の目的や意義・質問・の作り方・用紙】

よく知っているようで知らないアンケート。

アンケートにも複数の種類があります。

 

目的や内容によって使い分けたほうが、よりアンケートの意義が増すでしょう。

 

ビジネスシーンでも、アンケートを作成する機会があるのでは?

 

そういった時、もしも回答形式のサンプルやテンプレートがあれば、作成しやすいでしょう。

 

インターネットでは、アンケートの作成に役立つ回答タイプや、アンケートの作り方についても紹介しています。

 

アンケートは紙タイプだけとは限らず、最近はweb版のアンケートも増えています。

 

web完結のアンケートをご希望なら、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アンケートの回答形式とは

 

webアンケートでも多い種類が、回答形式のアンケートです。

 

回答形式というのは、複数の選択肢を与え、回答者に選んでもらう形式です。

 

注文するなら下記からしてみましょう。

 

https://research.nttcoms.com/service/basicform.html

 

アンケートの目的や意義が大切!

 

アンケートは、回答者に聞いて答えてもらい、終わりではありません。

 

アンケートは何気に奥が深い作業なのです。

 

せっかく人を巻き込んでアンケート調査をするくらいなので、しっかり成果を出す必要があります。

 

趣味や遊びでしているアンケートなら成果が出なくてもいいですが、ビジネスでしているならやはり成果は必要です。

 

成果が出なければ、アンケートにかけた労力や時間が無駄になります。

仕事上、これでは効率が悪いでしょう。

 

アンケート調査というくらいですから、アンケートは「調査」なのです。

 

立派な仕事です!

 

調査する前には、明確な目的を設定しておくことが重要です。

 

ゴールを決めておかなければ、アンケートによって成果が出たかどうかの判別がつきません。

 

ゴールをセッティングするには、下記のことを考慮しましょう。

 

  • どのようなデータが必要か?
  • どのくらいの回答を集計できればいいのか

 

これらをハッキリさせないことには、どれだけ時間をかけたって意味がなくなってしまいます。

 

意義や目的が決まったら、どのような種類を選べば達成に近づくかを考えます。

 

アンケートにはいくつか種類がありますから、目的によって一番合う種類があるはずなんです。

 

アンケートの調査票の作り方

 

アンケートの目的や種類が決まったら、次は調査票を作成します。

 

調査票はwebにもテンプレートがあるので、ご活用することをおすすめします。

調査票では、主に質問を入れていきます。

 

ただし、回答者が答えやすい内容でなければ回答率が下がってしまいます。

 

回答者目線になりつつも、聞きたい質問の仕方を考えましょう。

 

調査票が出来上がったら、アンケートフォームを作ります。

 

webでアンケートを実施するなら、webで調査票を発信していけばいいですね。

 

アンケートが返ってきたら終わりではありません。

むしろここからが勝負です。

 

アンケート用紙をまとめ、集計します。

 

最後に結果報告

 

集計したアンケートの結果をまとめたら、レポートを作成します。

 

グラフにして目で見てパッとわかるようにするほうが、わかりやすいでしょう。

 

最後に

結果報告のあとは、フィードバックをします。

 

まず重要なのが、前もって計画していた目的が達成されたかどうかです。

もし達成されたなら、アンケートの意義は多いにあったということです。

 

しかしもし達成できなくても、アンケートから得られた反省点を、次に生かせばいいのです。

ゴールを達成できなかったからといって、終わりではありません。

フィードバックを生かすことで、次は良い結果が得られるでしょう!

-未分類

Copyright© 餃子小舎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.