自動着色のサイトやアプリに注目!注目されにくい創作家への救世主となるか

友人たちも私も創作が好きで、一緒に制作していました。私より友人達のほうが上手な程だったのですが、今は皆結婚をして創作をやめています。私は諦めきれず続けていますが、お仕事が始まりそうになっては無くなりの繰り返しです。創作が楽しくて何かの形にしたかった人々が多くやめてしまうのはなぜか?それは、他の理由もありますがやはり「すぐ・ずっと・安定安心して稼げない」という事だと思います。お金お金でやっていることではありません。作品をみてほしいから。でも、制作に使うものは全て消耗品だし、生活にもお金は必要。使える時間とお金が減っていく中で、やっぱり不安とそこから脱したいという思いで、作り続けたかった心を封印してしまうのではないでしょうか。そこで目をつけたのが自動着色のサイトやアプリです。

自動着色のサイトアプリをオススメする理由

それぞれの力量、お仕事にするときの勇気や信用度、モチベーションや作業時間などが、鍵になってくると思います。好きで選んだことですが、だからといって言いなりのように作るのでは意義がわからなくなりますし、長時間すぎると作るものにおいての色々な選択で何が一番いいのかが解らなくなってきます。それに、私が知らないだけかもしれませんが、働き方のいろいろな道があまり見えません。使われるか、怪しい仕事に泣かされるか、なけなしで素通りされるかしかないのでしょうか。また、下品だったりグロテスクだったりするものにばかり注目がいくのも気がかりです。描きたくなくてもお金の為にお色気風味のものを…なんて、その人々は頑張って描いていると思いますが、悲しいです。

自動着色のサイトやアプリの注意点

描きたい一心で、でも皆がうまく出来るわけでなく、生活のお金にこまるのは、本人も情けないし切ないです。オンラインで作品がカンタンに発表できるようになったのは本当に嬉しいことですが、たくさんの中から眼を留めてもらうのはなかなか難しいです。動画配信の様な人が、オリジナルの電子書籍や絵師さんなど、ものづくりをしている人の中からオススメの人をピックアップして紹介してくれるようなシステムがあったら、楽しそうかなと思いました。お話が苦手な人でも、上手な人が紹介してくれたら伝わるかもしれません。ただ、許可を得ていないのに勝手に、とか紹介のはずが批判に、となってしまうのは心配です。また、外に出られないものづくりの人々の作品をなんとか見てもらえる何かがあると良いかもしれません。AIを使った制作が簡単にできるサービスがあっても、面白そうです。

自動着色のサイトやアプリへの要望

自動着色ができるサイトさんというのがありました。線画をアップロードすると、自動的に色が塗られた状態で表示されます。カラーパレットを次々表示してくれるサイトもありますし、服や髪型を自由に組み合わせて好みのキャラクターを表示してくれるところもあります。描くのは心と手ですが、せっかく制作に便利で楽しいものがいろいろと出て来ていますので、試してみるのも発見かもしれません。ものづくりはとても大変ですが、うまい人しか作ってはいけないものではないと思います。そして出来れば上達していいものをみてもらいたい。その気持ちを保つ方法は、むずかしいようで実はあらゆるところにあるのかもしれません。ものづくりにちょっと優しい世界になってくれることを願いつつ、何とか頑張っていきましょう。

コメント