餃子のパフェなどいかが?!

餃子の街として有名なのは「宇都宮」と「浜松」が特に知られていますが、千葉県柏市にテレビにも時々取り上げられている有名な餃子専門店があります。

【餃子小舎】ぎょうざごやです。「ザ・餃子」というべきシンプルな餃子に、水餃子、そしてスープ餃子と餃子の定番も人気がありますが、【餃子小舎】のオリジナル餃子が特に有名です。オリジナル餃子はとにかくユニーク!いろいろな食材×餃子のコラボレーションが楽しめます。その創作餃子がとても美味しいのです♪美味しくなかったら、メディアにもそこまで取り上げられるはずはありません。どれもこれもが納得の美味しさ!なんです。創作餃子も含めて【餃子小舎】の餃子の種類は約50種類もあります。

どうしてこんなに種類が増えてしまったのでしょう~?!

お客さまからのリクエストで「こんな餃子が食べたい。」という要望から、どんどん創作餃子が増えていったそうです。これだけ創作餃子があっても、決して手抜きをしないのが【餃子小舎】が支持を集める理由です。たとえば創作餃子の「たこやき餃子」ですが、冷凍のたこ焼きをいれてるんでしょ?!と思ったら大間違いです。香ばしい焼き目がついている餃子を食べると、中にはたこ焼きの中身がしっかり入っています。どうやって包んだの~?!と気になりますが、まさにたこ焼きの味が口の中で広がります。

餃子にはポン酢にラー油となどにつけて食べますが、創作餃子につける「つけダレ」もポン酢をはじめとして、味噌ダレ、マヨダレ、醤油ダレと創作餃子と一緒につけていただくことができます。創作餃子にあわせてつけダレをいただく相関図までも準備されています。

最初はメニューにビックリするかもしれませんが、ご安心ください。味は間違いない美味しさです。びっくりするような餃子のメニューが並びますが、研究されてどんな味が最高の相性を引き出すのか?!ということが食べてみるときっと分かるはずです。

餃子はもとは小麦粉です。餃子の中身がいろいろあったていいじゃない?ということでしょうか。確かに家庭の味でもある餃子は、各家庭ごとに「我が家の味餃子」みたいなものがあります。餃子は手作りに限る!と最近ではおふくろの味にもランクインするほど、餃子は家庭料理でも大人気。家で作る餃子も良いけれど、お店でいただく餃子もこれまた美味しいです。お店によって餃子の味は違うので、あっさりした餃子が食べたかったら「○○の餃子」肉汁たっぷりの餃子が食べたかったら「○○店」と、餃子の味はなにげにとっても奥が深いものがあります。

自分の大好きな食べ物が餃子の中に入っていたら、めちゃくちゃ嬉しいのにな~というそんな願いを叶えてくれるのが【餃子小舎】の餃子メニューの中に見つかるかもしれません!!

好きな餃子の中に好きな味が詰まっているなんて考えたら思わず顔がニヤリとしてしまうかも?!バラエティ餃子には、ゴボウ・わさび・うずら・キムチ・ニンニク・アスパラ・ウメ・シーチキン・らっきょうキムチ・ししとう・ウィンナー・海老・ホタテ・しそ・たこ・いか・あさりと揃っています。大好きなウィンナーが餃子に入ったらどんなお味になるのだろう?!ウメが餃子の中に入ったらどんな味?まさかお握り?もちろんウメ餃子はおにぎりとは違うので、梅×餃子のコラボといった大好きな味と餃子の組み合わせに、餃子の無限の可能性を感じること間違いないでしょう~

餃子小舎の基本メニュー

基本メニューには5種類の餃子の味が楽しめるお得な「よくばり餃子Aコース」と「よくばり餃子Bコース」があります。そして「オリジナル餃子」も是非食べておきたい餃子です。

オリジナル餃子は、まさにオリジナルの名前にふさわしい餃子です。いろいろなスパイスが香りますが決して辛い!ということはありません。スパイスが香餃子に秘伝の味噌ダレをつけて食べると、ビールが進むこと間違いなしです。

定番餃子:6個

  • よくばり餃子Aコース:520円・・・キムチ餃子・しそ餃子・ニンニク餃子・シイタケ餃子・えび餃子・たこ餃子
  • よくばり餃子Bコース:520円・・・シーチキン餃子・カレー餃子・ホタテ餃子・ウィンナー餃子・チーズ餃子・アスパラ餃子
  • オリジナル餃子:370円・・餃子の中に入っている餡はとっても柔らかくジューシーです。ピリッとした大人の味わい。
  • 野菜餃子:370円・・・ヘルシーな餃子。ニラとニンニクの風味が広がります。野菜の甘味とちょっとピリッとする大人の味。
  • 水餃子:520円・・・ポン酢でいただく水餃子はレモンの風味が広がって口の中はさっぱりします。
  • 牛タン餃子:800円・・・牛タンはコリコリした食感がたまりませんが、そのコリコリした食感をそのまま餃子の餡にしています。牛タンと同じくビールとの相性は最高です。
  • 炎の激辛餃子:1200円・・・餃子で円が作られて中にはハバネロソースが中央にたまっています。周囲にはわさび・マスタード・カレー・キムチ・豆板醤・ハバネロ。チャッカマンでハバネロソースに火が付けられると炎が出る演出。もちろん激辛。
  • 豆乳スープ餃子:600円・・・イソフラボン豊富な豆乳スープに餃子をあわせている優しいお味。
  • 坦々餃子麺:800円・・・ゴマの風味が利いているスープにピリッとした辛さがやみつきになります。

上級創作餃子:6個

  • エビチリ餃子:800円・・・海老の身がたっぷりつつまれていてチリースがかけられています。海老とチリソースそのままでもおいしいのですが、マヨダレつけるとまた違った味に。
  • カニ餃子:850円・・・カニの旨みをギュッと餃子の中に包み込んでいます。こんな贅沢な味わいに仕上がっています。
  • うに餃子:850円・・・高級食材のウニは、まさに濃厚で口の中で磯の風味が広がる贅沢で豪華な味わいです。
  • 豚角煮餃子:850円・・・大人気のこの餃子は、餡がとても柔らかい豚の角煮そのものです。
  • うなぎ餃子:850円・・・うなぎのタレの香がとても食欲がそそられ、中には柔らかい鰻の餡が詰まっています。
  • アンチョビガーリック餃子:850円・・・熟成したアンチョビを贅沢に入れています。バジルの香とガーリックの旨みと一緒にいただくと、ビールが進むこと間違いなし。
  • 松茸餃子(秋季限定):1200円・・・秋の味覚を代表する松茸をふんだんにそして贅沢に使った松茸餃子。松茸のお味と香を存分に楽しめる一品。

アレンジ餃子:6個

  • たこ焼き餃子:550円・・・餃子を食べると中にはたこ焼きの味がそのまま。もちろん大きなタコ入りです。タコ焼きと同じく、鰹節、青海苔でお好みでマヨダレとの相性が最高です。
  • 三色餃子:550円・・・三色団子のように、明太子・紫蘇・うずらの三色の餃子を団子に見立てて串に刺さっています。
  • ピザ餃子:550円・・・洋風ピザ餃子です。トマトの風味とチーズが見事にマッチング。軽食にもおつまみにも美味しい餃子です。
  • 醤油スープ餃子:550円・・・春雨にザーサイ餃子などトッピングがたっぷり。そして醤油の旨みをしっかり堪能できる餃子で、ボリューム満点。
  • 味噌スープ餃子:550円・・・まろやかな味噌スープは病み付きになるまろやかなお味。餃子の具とスープの味噌のコラボレーションが最高です。
  • タラモ餃子:550円・・・明太子とバターの風味とジャガイモの味が相性ばっちり。ビールのお供になるつまみ餃子です。
  • もち餃子:550円・・・お客さまからのリクエストが多くよせられたもち餃子は、餃子の中にお餅がとろ~り。味噌ダレ・醤油ダレどちらとも相性抜群。
  • カルビ餃子:550円・・・こちらはコチジャンをつけていただくと、餃子の焼肉のよう。餃子の中にはカルビの肉汁がたっぷり詰まっています。
  • タンドリーチキン餃子:550円・・・インド料理のタンドリーチキンのように、スパイスがたくさん配合されています。レモンをかけていただきます。
  • チヂミ餃子:550円・・・もちっとした食感のチヂミがカリッとした餃子の皮に包まれています。特製ダレとコチジャンをつけるとまさにチヂミそのもの。

デザート餃子

  • モンブラン餃子:550円・・・お客さまから「食べてみたい」という声が多かったモンブラン餃子。スイートポテトのような餃子で甘さ控えめの栗付き。生クリームをつけるとまさにモンブラン!
  • チョコバナナ餃子:550円・・・チョコレートがとろりと溶けていてそのチョコとバナナの相性が最高。生クリームとこんなに相性が良いことを再認識。
  • 恋チョコ餃子:750円・・・餃子の中にはチョコレートブラウニーが入っています。カップルのデザートとして人気。
  • ラブリー・チーズケーキ餃子:800円・・・ソースは3色マンゴー、ブルーベリー、キウイ。チーズケーキの濃厚でクリーミーな餃子にこのソースがマッチング。
  • プリン・ア・ラ・餃子:750円・・・どうみてもプリンにしか見えない?!でも餃子、中にはプリンとタピオカ入り。食感もぷるぷるのまさにプリン。カラメルソースと生クリームをたっぷりつけていただきます。
  • コーヒーゼリー・ア・ラ・餃子:800円・・・コーヒーゼリーにココナッツミルクと完熟マンゴー。それに白玉チョコ餃子がトッピングされています。
  • マロン・餃子パフェ:800円・・・秋の味覚を代表する栗をたっぷり使ったパフェ。モンブラン餃子とマロンクリームが冷たくてこの相性も最高。
  • 餃子パフェ:800円・・・餃子の中にはチョコバナナが包まれています。チョコバナナ餃子とタピオカそれに生クリームのハーモニーが絶妙です。
  • アップルパイ餃子:550円・・・アイスクリームと一緒に餃子をいただくと、餃子の中にはパイ生地のアップルパイとしか思えません。歯ごたえも楽しめます。
  • イチゴ大福餃子:550円・・・旬のイチゴとアンコに包まれている餃子はあっさりとしたお味。もちもちとしたお餅と一緒に食べている感覚になります。

餃子小舎情報

最寄の駅は柏駅。柏郵便局向かいのちょっと裏に入った店舗は千葉県柏市柏3丁目8-3です。今まで年中無休で営業していましたが2013年7月に閉店しました。

以前は柏駅から徒歩5分の柏3-4-26で営業していたので、【餃子小舎】の再開を待ちわびているファンも多いはずです。外国人の方はアップルパイ餃子が大好きで、ひとり1皿注文してペロリと完色するほどの大人気メニュー。たくさんのメディアで取材されて掲載されていたので、わざわざ千葉県柏まで【餃子小舎】の餃子を食べるために足を運ぶ人もたくさんいたほどです。

デザート餃子を食べる前に、どんな味なのかなぁ~~?!と餃子のレパートリーを見ながらニンマリとあれこれ思案して、イメージした餃子をいただきます!

餃子の名店を網羅せよ!